TANZANIA IYULA

¥980¥5,500


タンザニア イユラ


Clear selection

生産国 タンザニア
農園 イユラアムコス
地域 ンベヤ、ソングエ
標高 1,700m
品種 N39, KP423
プロセス フリーウォッシュド

栽培エリアのイユラ村では、ルングウェ地区のMchina宣教師からもらったコーヒーの種を元に1938年に初めてコーヒーが栽培されました。イユラアムコス(IYULA AMCOS: Agricultural and Marketing CO-operatives Society)は1952年に設立(1981年迄は政府の運営)され、2009年にパルパーを購入・2010年からCPU(Central Processing Unit)としての運営をスタートし、現在は周辺230の小規模生産者(0.5-2 haほどの農地所有)から集められたチェリーの精選処理を行っています。

今回ご紹介するロットはタンザニア国内では珍しいソーキングの過程を採用したFullyWashedのプロセスのコーヒーです。近隣農家はPM2-6時の間にチェリーを持ち込みます。生産性の高いイユラCPUではパルパーをPM4時から深夜3時迄稼働させており、パルピング後のチェリー比重選別ののち、24-48時間のドライファーメンテーションがなされます。近隣のムシンビジ川よりひいた水にて水洗後、8-12時間のソーキングを経て、9-14日間天日乾燥します。通常行わないこのソーキングという工程を行うことにより、イユラのコーヒーからは素晴らしいクリーンカップでコンプレックスな風味を感じることができます。

品種はブルボン系のN39, KP423という品種で、高収量、乾燥・さび病耐性のある品種です。タンザニアの北部と南部の標高1,500 mの地帯で生育し、現在はキリマンジャロをはじめとする主要産地でも栽培されています。

テイスト プラム/ダークチェリー/ブラウンシュガー
焙煎度合い ★★☆☆☆
フレーバー ★★★☆☆
酸味の質 ★★★☆☆

甘さの印象 ★★★☆☆
クリーンカップ ★★☆☆☆
苦さ ★★☆☆☆
ボディ ★★☆☆☆