ETHIOPIA NIGUSE GEMEDA

¥2,100¥6,300


エチオピア ニグセ ゲメダ


Clear selection

商品カテゴリー: , 商品タグ: , ,

生産国 エチオピア
生産者 ニグセ・ゲメダ・ムデ
地域 シダマ
標高 2,320-2,380 m
品種 74158
プロセス ナチュラル

ニグセ・ゲメダ氏は13ヘクタールの農園を保有し、3ヘクタールほどでコーヒーを栽培しています。
年間生産量はコーヒーチェリーで15トンほどです。

栽培品種は「74158」西エチオピアのジマにあるコーヒーリサーチセンター Jimma Agricultural Research Center(JARC)が1979~80年に開発した品種です。CBD(Coffee Berry Disease)への耐性が高いことに加え、生豆自体の品質も比較した他のエチオピア品種より優れている点が2015年の論文*でも報告されています。収穫されたコーヒーは、アフリカンベッドで自然乾燥にて精選処理がなされています。

国際的なマーケットとの繋がりを持っていなかったため、
彼は自分のコーヒーを地元の個人バイヤーやECX (Ethiopia Commodity Exchange:エチオピア商品取引所)に販売していました。
転機が訪れたのは2020年、エチオピアで初めて開催されたカップ・オブ・エクセレンス品評会。
ニグセさんのコーヒーは91.04点というスコアで見事優勝、のちのオークションでの落札価格は日本円で約¥44,000/kgという高値を記録しました。

ニグセさんは受賞の際に「私はずっと、ナンバーワンになることを目指してきました。この結果を通して、私たちの素晴らしいコーヒーを宣伝し、市場獲得の機会を得られるのではないかと、とてもわくわくしています。特別な表彰を受けたことは栄誉であり、さらに頑張るための励みになります。」と話しました。

*Elsa Tirfe et al., (2015) Physical Quality Performance of Some Early Released Coffee Varieties at three Locations in South-west Ethiopia

テイスト フローラル/オレンジ/メロン/スイートスパイス
焙煎度合い ★★☆☆☆
フレーバー ★★★★☆
酸味の質 ★★★☆☆
甘さの印象 ★★★☆☆
クリーンカップ ★★★☆☆
苦さ ★★☆☆☆
ボディ ★★☆☆☆